株主・投資家の皆様へ

MESSAGE

大工原正伸

株主・投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

2020年3月期 第2四半期におきましても、「ブランド発信」「ブランドの研鑽」「人材の確保・育成」「物販事業の成長促進」の4つの経営課題に取り組んでまいりましたが、郊外店のレストランが多少苦戦したものの、物販事業や文化事業が好調に推移したことでは増収増益となり、計画に対しても堅調に推移しておりました。

そのような状況の中、2019年10月に関東地方を襲った台風19号は、当社の旗艦店である『うかい鳥山』に甚大な被害をもたらし、一時的な休業及び使用可能な施設での限定営業を余儀なくされました。また『箱根ガラスの森』でも、同台風の影響で施設への主要交通路である国道138号線が2カ月半に渡り通行止めとなる等、非常に厳しい外部環境となりました。

さらには、この度の新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、不要不急の外出自粛要請による消費マインドの低下や当社店舗における臨時休業及び営業時間短縮等が業績に大きな影響を及ぼし、誠に遺憾ながら期末配当は断念せざるを得ない状況となりました。次事業年度以降、株主の皆様のご期待の応えられるよう全社一丸となって努力してまいりますので、何卒ご了承を賜りますようお願い申し上げます。そして4月より新年度がスタートしたものの、新型コロナウイルス感染症は依然として世界的に猛威を振るっており、どの産業においても企業規模の大小にかかわらず、過去に例を見ない深刻な経済状態が続いております。当社においても、感染拡大による緊急事態宣言を受け、お客様、株主様、関係各社の皆様や従業員の健康・安全を守るため、うかいグループ全店を4月8日から5月末までの期間で臨時休業とさせていただきました。皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛け致しました。

6月1日からは、緊急事態宣言の解除を受け、休業店舗の営業を再開しております。スタッフ一同、お客様をお迎えできる喜びを痛感しており、皆様が安心して当社店舗をご利用いただけることはもちろんのこと、心から楽しんでいただけるよう万全の体制で日々営業をしております。このような時だからこそ、うかいの「至福の時」を過ごしていただけるよう努めてまいります。

この新型コロナウイルス感染症の長期化により「新たな生活スタイル」が望まれております。当社としては、このような変化に対しても柔軟に対応し、食を通じて多くの方に幸せを感じていただけるよう努めてまいります。

当社は、創業当時からの経営精神「当社にかかわるすべての人々を大切にし、そしてそのすべての人々により大切にされる企業でありたい」という言葉を掲げて事業を行ってまいりました。この経営精神こそが我々の目指す姿であり、1 0 0年続く企業であり続けるための道筋だと考えており、皆様のお声を誠実に聞き、お応えすることを大切に、二世代、三世代にわたる長いおつきあいを願って事業に取り組み、成長していきたいと思っております。 今は過去に経験をしたことがない困難のなかではありますが、それぞれの店舗をしっかりと守り、末永くご愛顧いただける「うかい」をつくってまいりますので、今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長

大工原正伸