中期経営計画

MEDIUM TERM MANAGEMENT PLAN

中期経営計画策定の基本方針

当社は、既存事業の安定した収益基盤のもとで新規事業を創出、発展させていくという基本方針のもと、今まで培ってきたものをより深め、また時代にあわせ進化させて新たな事業を創出し、収益性と成長性を兼ね備えた企業を目指してまいります。

新たな魅力・成長設計 財務体質の改善 成長性の追求 収益性の向上 成長性の追求 収益性の向上 安定的な収益基盤の構築

中期経営計画の具体的な取組方針

外食産業を取り巻く環境は、日本の総人口の減少と少子高齢化に伴うライフスタイルの変化と価値観の多様化により、企業間での顧客獲得競争が一層の激しさを増していくことが予想されます。加えて食の安全安心に対する関心の高まり、慢性的な人材不足、人件費や原材料価格の高騰といった問題への対応もあり、非常に厳しい経営環境にあります。
このようななか、当社は創業より大切に守ってきた基本理念「利は人の喜びの陰にあり」、経営精神「当社にかかわるすべての人々を大切にし、そしてそのすべての人々により大切にされる企業でありたい」、店舗理念「100年続く店づくり」に込められた想いを未来へしっかりと繋ぎ、継続的な成長と収益性の向上を図るため、成長戦略のテーマとして「更なるブランドの構築」を掲げ、具体的に「①既存店の研鑽」「②飲食の成長」「③物販の成長」の3つに取り組んでまいります。

100年続く店づくり 物販事業の確立 更なる商圏の拡大 新規事業・新店

2017年6月現在