株主・投資家の皆様へ

MESSAGE

大工原正伸

株主・投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
当社は、2017年3月期まで100年続く店づくりの店舗理念のもと、基盤固めとして「既存店の強化」を進め、また「新たな魅力の創造」「商圏の拡大」「新店・新業態の挑戦」への着手を目指し、様々な施策を行ってまいりました。 それらが形となり、加えて人の成長が見えてきた今、成長戦略として更なるブランドの構築をテーマに掲げ、より具体的に既存店の研鑽、飲食の成長、物販の成長の3つの取り組みを進めることで成長を加速していきます。

既存店の研鑽

当社において既存店の安定的な成長は経営の支柱であり、これからも変わることなくハード・ソフト両面を研鑽し強化してまいります。
2017年2月には創業店である『うかい鳥山』の施設、越中五箇山の合掌造りの古民家を移築した「前合掌」の茅葺屋根を17年ぶりに葺き替えました。事前準備を入念に行い、約2ヵ月をかけた大掛かりな工事となりましたが、店舗が大切に守ってきた歴史や文化を未来へ継承していくための重要な取り組みです。このように長い年月の経過によって手を入れるべき時期を多くの店舗が迎えており、時代に合わせた居住性の向上を積極的に進めてまいります。
また、最上級のおもてなしを行うための人材の確保・育成も喫緊の課題です。当社の将来を担う新たな人材の確保とともに、従業員が働きやすい活気あふれた環境づくりや、うかいの心と技を日々の業務や研修により伝えることに注力してまいります。

飲食の成長

既存店の研鑽とともに、うかいの新たな魅力を創出する店舗の出店を進め、飲食事業の成長を図ってまいります。
その先駆けとして、2017年2月に新業態の『ル・プーレ ブラッスリーうかい』を東京都千代田区大手町に出店いたしました。ご来店されたお客様からは絶大なご支援をいただき、何度も足を運んでくださるお客様も増えております。
また、来年の春には東京都港区六本木に『(仮称)六本木うかい亭』『(仮称)ROPPONGI kappou ukai』の新規出店を決定し、オープンに向けた準備を進めております。既存ブランドの出店となりますが、今まで培ってきたものを昇華させ、六本木ならではの魅力を持った店舗にしてまいりますので、楽しみにお待ちいただければと思います。
一方、4年越しとなるプロジェクトの台湾高雄市に建設中の『Ukai-tei Kaohsiung(うかい亭 高雄(カオシュン))』がいよいよオープンいたします。日本を離れた台湾の地から当社のブランドを発信できる「台湾一のレストラン」をホテルのオーナーとともにつくってまいります。

物販の成長

物販事業においても洋菓子店『アトリエうかい』の新規出店を決定いたしました。当社商品をより身近にお求めいただけるよう、2017年7月にJR東日本品川駅構内のエキナカ商業施設「エキュート品川」に東京都内初の常設店を、同年秋には建設中の京王線調布駅直結の商業施設「トリエ京王調布」にそれぞれ出店いたします。これらの新規出店とともに魅力ある新商品の開発も進め、販売力を高めてまいります。
また、ブランドの知名度向上にも取り組み、全日本空輸株式会社(ANA)とのコラボレーションにより機内サービスで提供される焼き菓子をプロデュースしています。今後も幅広く『アトリエうかい』を知っていただけるよう、商業施設等への催事出店も積極的に行い、物販事業を着実に成長させてまいります。

うかいには「伝」という言葉があります。これには店舗をお客様からお預かりしている大切な場所と考え、それを絶え間なく磨き、未来へ伝えていくという想いがこめられております。
ご両親に連れられてうかいのお店を体験されたお子さんが大人になったとき、お子さんやお孫さんを連れて来ていただける場所であるために、変えるべきものは変え、変えざるべきものは守りながら、スタッフ一同この言葉を胸にこれからもお店を磨き続けます。
どうぞ、私たちの想いをご理解いただき、今後のうかいの活動にご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長

大工原正伸