八王子うかい亭で開花
人を繋ぎ・心を繋ぎ、
永遠に輝くガラスビーズの桜。
  2023年12月20日(水)から展示開始

「桜」 2023年 下永瀬 美奈子 制作 
幅1500×高さ600×奥行き200(mm)


2024年に創業50周年を迎える鉄板料理「うかい亭」の創業店「八王子うかい亭」では、
同グループ「箱根ガラスの森美術館」でも作品が常設展示されている
ビーズフラワーデザイナー・下永瀬 美奈子さんの「桜」の展示を始めます。

この作品は、2023年9月にヴェネチアで開催された「第7回ヴェニス ガラスウィーク」における、
モチェニゴ宮殿博物館での展示で最高位にあたる「ヴェネチア財団賞」を受賞したもので、
ヴェネチア発祥の伝統的な技法に日本ならではのモチーフを取り入れたことが評価されました。

日本の建築美と西洋の芸術品による伝統美が融合する「うかい亭」に、新たなる輝きを放つガラスビーズの花。
ガラスビーズと光が紡ぐ優しい煌めきのように、八王子うかい亭と大切なお客様が
これから先もあたたかなご縁を紡いでいけるように祈りを込めて展示します。
50周年の節目を華々しく飾る雅やかな桜のアートを、ぜひご覧ください。

見どころ

01

ガラス食器

ヴェネチアで古くから伝わる伝統技法で作られたガラス製食器やグラスを、豊富なラインナップでご用意。
さまざまな色を配した花模様の「ミルフィオリ・ガラス」のプレートや、
ヴェネチア特産のレース模様を再現した「レース・ガラス」のゴブレットなど
ヴェネチアン・ガラスの多彩な魅力を食卓に取り入れられるアイテムを揃えました。

02

インテリア装飾品

オペラやバレエ、演劇などの主人公たちをモチーフにしたペア人形や、
専属バイヤーがヴェネチア現地の職人のもとを訪れて直接買い付けた貴重なアイテムの他、
箱根ガラスの森美術館オリジナルの「クリスタルフラッシュツリー」もご用意しております。
ご自宅など身近な場所で美しい輝きをもたらす品々をどうぞご覧ください。

03

ガラスツリー

クリスマス期間ならではの一品は、ヴェネチアンの伝統的技法 “吹きガラス”
を受け継いで生まれた100%ガラスで作られた究極のツリー。
1996年箱根ガラスの森美術館開館以来、毎年クリスマス商品として
人気を博してきたガラスツリーが今年は銀座うかい亭に彩を添えます。

03

ガラスアクセサリー

ヴェネチアン・ガラスの伝統技法を活かしたネックレス等のアクセサリー各種を販売いたします。
いずれも華やかな色合いやフォルムが印象的で、シンプルな装いにもぴったりです。
また今回の東京 芝 とうふ屋うかい特別限定商品として、オーストリア製クリスタルビーズで作り上げた
オリジナルアクセサリーも販売いたします。
会場にてぜひお手に取って、実際にご試着くださいませ。

  • ヴェネチアン・ガラスについて

    イタリアのヴェネツィア・ムラーノ島で作られている優しい透明感が特徴のガラス工芸品です。

    ガラスを細く引き伸ばしたり、薄く伸ばしたり、丁寧に色付けをする独自の技術は繊細そのもの。動物や花など様々なモチーフを題材にしながら、細部にわたり精巧な形状を表情豊かに仕上げています。

    すべて職人による手作りのため、大量生産ができないことも特色のひとつ。同じような物でも色や気泡の入り方などが微妙に異なるため、それぞれがオンリーワンの商品です。

    古代ローマ時代からの悠久の歴史が息づく、鮮やかで美しいガラスの世界をどうぞお楽しみください。
  • ビーズフラワーデザイナー下永瀬美奈子MINAKO SHIMONAGASE

    1989 年ニューヨークでビーズフラワーに出会いそのキャリアをスタートさせる。その後、イタリア・ヴェネチア発祥のビーズフラワー、その歴史と伝統をジョバンナ・ポッジ・マルケージ(Giovanna Poggi Marchesi)氏より受け継ぎ、後継者として日本とイタリアで活動。「ビーズを繋ぎ、人を繋ぎ、心を繋ぐ」をテーマに両国の技術を融合させた新たなビーズフラワー「I Fiori di Vetro」の制作に取り組む。世界最大のビーズフラワー、「希望の桜」(H200㎝×W300㎝)を企画・プロデュースし、代表作「飛翔」がムラーノ・ガラス美術館に収蔵されるなど、ビーズフラワー界の第一線で活躍を続けている。2023年9月にヴェネチアで開催された「第7回ヴェニス ガラスウィーク」では、モチェニゴ宮殿博物館での展示が最高位の「ヴェネチア財団賞」に輝くなど、彼女の独創的な感性から生み出されるビーズフラワーの生命感のある表現が世界的に高い評価を獲得した。ビーズフラワースクールCandy Garden主宰、日本ビーズフラワー協会会長。現在、うかいグループの箱根ガラスの森美術館でも作品が常設展示されている。

箱根ガラスの森美術館について

15世紀から現代までのヴェネチアン・グラス専門美術館。
遥かな時代のヴェネチアを再現した空間で歴史的コレクションを展示しております。
食を通して喜びをお届けする「うかい」が、
"芸術からも夢や幸福感を感じていただきたい"という思いひとつで作り上げた、
唯一無二の世界です。
  • ロマンティックで美しい
    ガラス作品を多数展示

    館内では、15〜19世紀にかけてヨーロッパ貴族の中で栄えたヴェネチアン・グラスと現代のガラスアーティストたちの作品を展示。また、箱根の大涌谷を一望できる庭園に設置された「光の回廊」をはじめ、ガラスのバラや季節によって変わるクリスタルのアート作品など、屋外のスポットも見どころ満載です。

  • 希少なイタリア直輸入品も扱う
    ミュージアムショップ

    地下1~3階のフロアに、アクセサリーから食器、インテリアまで、イタリアをはじめ世界各国のガラス製品が所狭しと並べられているミュージアムショップ。イタリア現地でしか手に入らない直輸入のものも多く、日本ではここでしか買えないアクセサリーなども豊富にご用意しております。

  • ガラスアートの余韻とともに、
    「うかい」の多彩な味わいを。

    鉄板料理「うかい亭」を運営するうかいのブラッスリーグループ総料理長が作り上げる、本格的なメニューを種類豊富にご用意。店内では毎日6回公演でピアノやヴァイオリンなどの生演奏を開催しています。雄大な景色を眺めながら、ゆったりと美食のひとときをお楽しみください。

当展示でご興味を持っていただけましたら、
ぜひ箱根にもお出かけくださいませ。

八王子うかい亭―鉄板料理―

〒192-0043 東京都八王子市暁町2-14-6
TEL 042-626-1166
営業時間

平 日 11:30~14:00 L.O.|17:00~22:00(20:00 L.O.)
土日祝 11:30~22:00(20:00 L.O. )